骨転移の話をしたんですが…

今日は、大阪で骨転移の予防のランマークを打ちにいきました。昨年から大阪で見てもらっていたドクターのとこで受診しました。

先日の緊急入院の時に来ましたが…なんか1ヶ月はあっという間に過ぎたな〜って感じでしたね!でも激痛の話をしないとって思っていろいろ作戦を練ってました。

ドクターに会い骨転移のヒビや欠けの話をしました…やはり、改めて思ったのが泌尿器科のドクターだとホンマ画像の解析ができないんだな〜って話をしていてわかってしまった…というかわからないドクターの診断を二月に受けてしまっていたんだって非常に悔しい思いをしました。

どこがどうなってるかですらわかってなかったんだって…ただ色だけみて判断してただけでその後の症状なんてわかりっこなかったっていうのはいうまでない感じでした。そのドクターにいろいろ話をしましたが、でてくる答えは相変わらず「放射線」「抗がん剤」しか結局出てこなかったです。

結局この一年をたどってみると…「オペ」「放射線」「抗がん剤」のどれかにはめこんでやろーとしか考えてないことがわかりました。私は、ドクターにこれ以上抗がん剤やったら死んでしまいますよって言ったら、なんと少し半笑いな感じでパソコンの打ち込みをやってましたね。これをみて私は、このドクターは治す気はさらさらなかったんやって改めて確信しました。

まあ、春先にそれを見抜いたんでなんとかそこから脱出して熊本にいったのはある意味正解だったのかもしれない。あとは他のとこにいったんでかなり割り切った態度もその現れではないでしょうかね!まあ、そこは、私もこれから割り切って付き合っていくつもりなんでそれはそれでええわ〜と思いましたね。

外来の帰りに久々にエンカウンターに寄りました。皆さんが私の帰りを待ってくれていることに大変感謝しております。ホンマ元気になって必ずエンカウンター復活させますのでもう暫くお待ちくださいね!

今日は、外来のあとはまあまあいいご縁があったので良かったです。やはり人の繋がりって凄いなーって思いました。感謝ですね、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク