大阪に帰ってからも激痛は止まらない…

大阪に帰ってからも骨転移の激痛は、ホンマ止まらなくなってしまった…医療用麻薬のキツいのも遂に効かなくなってきてしまった…更に、痛み止めでいろんな薬を飲んだ副作用が出始めてホンマ大変な状態になってます。

副作用は、便秘、吐き気、湿疹とか出てきてしまった。抗がん剤ですらそんなんなかったのに医療用麻薬の恐ろしさをまざまざと知ってしまった…なんばから電車で帰る時、休みながらと前傾しないと歩けないくらい悪化してしまってます。

夕方に奥さんと買い物にいくはずでしたが、それもできなくなってしまった…ホンマ骨転移の痛みって今すぐ生命がどうのこのではないですが.生きていく上で激痛っていうのは、ホンマヤバいと思いました。

普通のことができなくなるのってホンマ辛くなってくる。まずこれを先に治療した方がいいと思いました。熊本ではもう骨転移を治療するとこはないんでこっちでとっととやろうと思います。

この1ヶ月は、ホンマ激痛地獄でした…これなんとかしないとホンマいろんな人に迷惑をかけることになる。自分だけならなんとかなるが他の人まで迷惑になってはいけない。今ならまだギリギリ間に合うはずだ…ホンマ手遅れにならないうちに治療を最優先でやります。

赤木先生にそれを伝えないとな〜!先生ならきっとわかってくれるはずだ。まずは一番ヤバすぎるとこからやっていくことにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク