なんか…ここ1年っていろいろありすぎたな〜

今日は、奥さんは仕事が休みみたいですが…午前中から予定がたくさんあるみたい。それでも、私のためにモーニングを作ってくれたことに感謝をしています。なんか久々に一緒にモーニング食べたな〜!今日も外はバリバリ暑い暑い!

そういえば…昨年の今頃は、ちょうど入院していたため猛暑が全然わからず3ヶ月の長期入院していたな〜!あれから、1年か〜!って感じですが、ホンマいろいろあったな〜。人生の時間の中でこれほど身体にいろんなことが起きたことはなかった…

コロナ禍で病院に癌治療にいけず膀胱癌が悪化してしまい、尿管に癌が詰まって尿が出なくなって腎臓が腫れてしまい水腎症になって入院してすぐまず尿路を確保するためにドレーンを外側に出して尿をだすオペをしたな〜、それからすぐもう片方は、尿管にある癌をほじくりだしてステントをいれてなんとか尿が正常にできるようにドクターの皆さんがしてくれた。ホンマ感謝でしたね!あとそこまで辿りつくまで協力してもらったドクターの方々にも感謝したいです。

まあ、そこからホンマいろんなことが次から次へとありえないことばかり起きたな〜!そこからいろんなことを勉強したり、研究したり、試したりしたよな〜。あの場面でただ、ぼぉーとドクターのいいなりになっていたら今頃どうなっていただろうか?たぶん、生きていただろうか?ドクターの研究材料に使われてしまっていただろうな〜。

自分の治療に対する意思をしっかり持っていたので、少しでもおかしいやろと思うことはガチで話しをして来ました。今でもその感覚はどこにいっても変わらないスタンスです。ホンマいろんなドクターおったな〜、いろんな看護師さんに助けて貰ったな〜。医療現場最前線ってホンマ毎日が大変なのを目の当たりにしてみてきたなー。

抗がん剤7クール、放射線、もう何回やったかわからないオペ、そして免疫療法…ことが起こるたびに真剣に勉強したな〜病室で。だから素人ながらですが、かなりの経験値や知識が昨年の今頃よりついたと思います。やはり、大事なのは本人の自覚症状に対してのドクターの経験値からくる対処のコメントと実行力ががっつり合うと治療はうまくいくと思っています。それがズレてくるとかなりゴールに差がでてくるのは確かだと思います。

来週、骨転移の動脈カテやる前の受診の時の大井ドクターからのコメントが私の自覚症状とかなりあってましたし、これに対する対処の治療もスパっとテンポよく決めてました。なんか3年前の膝の神ドクターの堀部ドクターみたいな感じだったので、今回はイメージしやすかったのは確かでした。当日いろいろアジャストしなければならないとこもありますが、人生の中での5時間かけて、今の状況から解放できる可能性がかなり高いと感じたから今回治療に踏切ました。

奥さんに今までホントシンドい思いをさせてしまったので、ここから人生大逆転できるようにしっかり準備してリラックスして治療して帰ってきます。元気になって今まで出来なかったことをたくさんたくさんやりたい。

いよいよ来週から奇跡の大逆転ロードが始まります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク