今年1番難易度が高かった動脈免疫カテだったみたいでした…

今日、午前から膀胱癌と骨転移の動脈免疫カテをやってきました。なんと…12時終わりの予定が14時近くまでかかったかなりの治療でした…

その原因は…膀胱癌にある血管が癌で塞がれてかなり細くなっていたので、なかなかカテが動脈から入らないということで大変だったみたいです。それでもなんとか通り道のあるポイントを探してなんとか辿りついて治療ができたって大井先生が言ってました。でも、本日もカテを入れる作業からホンマ大変な思いでした。足が完全に伸びないのとかなり腫れているためなかなか動脈に入らずホンマに苦しかったです。

入ってからもまた、前回同様に体重が腰にかかり激痛地獄の始まりでした。実は、もし動脈にカテが入らない場合は、治療ストップ寸前まで追い込まれました。ホンマ必死でした、死ぬ思いでなんで耐えました、もうかなり限界を超えてました。でも、ここで治療がストップしたら私は、もうダメだと思いました。だから耐えました、耐え続けました…足が攣る寸前で筋肉の、僅かな動作で耐えながら頑張りました。それでもなかなか膀胱癌の血管は細いのでホント大井先生が苦労してましたが、それでも、投薬治療は全てできました。ホンマ大井先生には感謝しかありません。

でも、止血の時もホンマ大変でした、生きるか死ぬかの瀬戸際でしたねこれは…激痛で動いしまえば血が吹き出すから大量出血でヤバいことなる寸前てなんとか耐えました。ホンマ耐えました。マジでギリギリでした。それでも、ちゃんと大井先生はちゃんとやってくれました。ホンマ危なかったですわ!

止血は、別の部屋に行って3時間安静にしてました。終わってから大井先生からいろいろ話を聞きました。膀胱癌…これは大変な治療になるな〜と、骨転移は、いろいろまた調べて貰って回数を重ねればいけると思うということでしたが…まだ、私の中では安心はできません。今週また免疫副反応たくさんでると思います。今度こそ少しでも前進したいです!家でできることはやろうと思います。水素を使って骨転移を治した方もいるみたいなんで是非明日以降にアドバイスいただきたいと思ってます。

次は、あと2週間後です、膀胱癌の左側の方をやります。それまで治療効果が少しでもでるのを期待したいです。元気に生き返るために頑張ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク